ISO-9001:2015
     JVAC-QM0511
 
 
 
qrcode.png
https://www.yukawa.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
ユカワ化工油株式会社
〒444-3343
愛知県岡崎市秦梨町字渕脇22番地9
TEL.0564-48-2132
FAX.0564-48-3216
025811
Google

WWW を検索
www.yukawa.co.jp を検索
 
 

妥当性評価試験

 

Reichert(ライハルト)潤滑性能試験

Reichert(ライハルト)潤滑性能試験
 
ライハルト潤滑性能試験
ライハルト潤滑性能試験データの活用
 
ライハルト潤滑試験データを活用した切削油剤の選定妥当性評価は、 
切削油が使用される条件が、荷重と切削速度によって加工点の発熱状況が変化するために、
荷重と接触スピードが可変できるライハルト潤滑試験データから切削油の特性を判定することです。
 
回転数と荷重の条件を複数設定することで、その切削油の配合添加剤が適切に機能するかを判断します。
実際の切削加工は被削材質の特性、工具、加工方法によって切削油に要求される潤滑性や極圧性能
あるいは冷却性能が様々に変わります。
当社は、ライハルト潤滑試験データによる選定を提案をすることで、お客様から実際の加工と提案データ
の相関性についてのフィードバックをいただいてきました。
現在では、このバックデータによって妥当性評価ができるようになりました。
 
 
 
添加剤の効果
※転用不許可
 
 
Reichert data ex
ライハルト試験結果と判断(水溶性クーラントの例)
500rpm、750rpm各回転数で100N・200N・300Nと荷重を変化させます。
500rpm 100N は負荷が最も小さい条件です。このとき物理的な潤滑膜の強さが判定できます。
500rpm 200N では潤滑膜の熱に対する適応性が判定できます。
750rpm 100N では潤滑膜と極圧添加剤の境界領域が判定できます。
750rpm 200N で良好な耐荷重能を示す試料は極圧添加剤の作用が出現していると判断できます。
 
 試料油は以下のとおりです。
   WSS01 ポリエーテルを主体としたソリューションタイプの製品
 WSB30 脂肪酸エステルに硫黄系極圧添加剤を配合したソルブルタイプの製品
   W-4421  鉱物油を主体としたソルブルタイプの製品
 
※弊社での測定データです。 転用不許可。
 
 
 
 
 
ライハルトデータ エマルジョン比較
鉱物油基油水溶性切削油(エマルジョンタイプ)と植物油基油水溶性切削油(エマルジョンタイプ)の比較データ
 *試料調製条件 各10%市水で希釈
 ※弊社での測定結果です。 転用不許可。
 
 

Brugger(ブルッガー)潤滑試験

Brugger(ブルッガー)潤滑試験
 
解析装置からアウトプットされる報告書
                   Brugger潤滑試験結果(B)
                    B=(4×400)÷(a+b×π)
                                       a=Length  b=Width
BURUGGER TEST REPORT
 
     
    試験の様子 <YOU TUBEにて限定公開>
 
    リンク先 YouTubeアカウント ユカワ化工油営業グループ
BruggerTester
<<ユカワ化工油株式会社>> 〒444-3343 TEL:0564-48-2132